噛み合わせを回復する

費用と噛み心地

歯

病気やさまざまな外的要因で歯を失った場合には、失った部分に代わりとなる歯を取りつける必要があります。
そのままにしておくと歯並びが悪化してさまざまなトラブルの原因となります。
歯並びを回復させる方法として入れ歯やインプラントがあります。
入れ歯は治療の歴史が長く、さまざまな症例があることから気軽に行うことができる方法と言えます。
入れ歯は治療においても保険適用となるので経済的にも良い治療と言えます。
しかしながら、入れ歯は周囲の歯を活用して固定することから、他の健康な歯に影響を及ぼす可能性があります。
また固い食べ物を噛むときにしっかりと噛むように工夫する必要があります。
一方でインプラント治療は歯を失った部分のあごの骨に人工の歯根を埋め込んで固定させたあとに、人工の歯を取りつける治療です。
特長としてはまるで自分の歯のような噛み心地を回復することができることです。
固い食べ物でもしっかりと噛むことができます。
一方で治療においては、あごの骨に人工の歯根を埋め込むための外科的な大がかりな治療が必要となるので、治療期間がかかります。
そのため時期に余裕をもって手術に臨む必要があります。
また保険適用とはならないケースが多いので、医療費が高額になるかもしれません。
入れ歯もインプラントも一度取り付けたら終わりということではなく、定期的なメンテナンスが必要です。
入れ歯の場合、市販の洗浄液などで対応できますが、インプラント治療の場合は治療を受けた歯科医院において検査を受けて、場合によってはインプラントの調整などをする必要があります。

歯を失った場合の治療方法

歯

歯が根元から抜けてしまった場合は再生することはありませんので、人工の歯を作って、その部分を補っていく必要があります。
一本でも抜けてしまうと会話や食事もしづらくなりますし、見た目も良くない、歯並びが乱れるなど様々な問題が出てきますので、早めに対策を行いましょう。
歯を失ってしまった場合の治療として、よく選ばれているものに入れ歯、そしてインプラントがあります。
入れ歯は取り外しができる人工の歯で残った歯にバネで引っ掛けて固定させるものです。
比較的簡単な治療で作ることができ、保険適用でも作ることができます。
これに対してインプラントは人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に歯冠を被せて歯を作っていく治療で、周囲の歯に負担をかけずに作ることができるのが特徴的です。
インプラントの場合は保険適用できる例は少なく、治療は高額になる傾向があります。
そのかわり、取り外しの必要はなく見た目も使い心地も本物の歯に近いものを得ることができます。
そしてすべての歯を失った人は総入れ歯を選ぶことも多いですが、総入れ歯の場合は安定性が良くなく、食事がしづらい、違和感があるなど様々な悩みが出てきます。
インプラントは総入れ歯の悩みにも対応することができ、数本のインプラントを埋め込むことで、入れ歯をしっかり安定させることもできます。
オールオン4などの治療なら埋め込むインプラントの数も少なく、しっかりと支えていくことができますので、体への負担も少なく、治療費用を抑えることもできます。
入れ歯も自由診療のものはより使い心地の良いものもありますので、じっくりと比較して最適な治療を選びましょう。

きちんと話してくれる歯科

歯

歯を失うと、食事ができなくなるだけでなく、話しづらくなったり、その他の生活にも影響することがあります。
しかし、一度失った歯を取り戻すことはできません。
その時のためにいくつかの方法があります。
それは、入れ歯とインプラントです。
入れ歯は保険適用がきくことが多く、手軽に作ることができます。
しかし、それなりに違和感が残ります。
インプラントは、時間もかかりお金もかかります。
でも、自分の歯のように噛むことができます。
まずはどちらも行ってくれる歯科などで、どちらのメリットもデメリットも話してくれる歯科医院を探しましょう。
将来のことを考えるとインプラントの方がよさそうですが、必ずしも誰でも受けられるわけではありません。
インプラントは、顎の骨に歯根を取付け、それを元に義歯を固定します。
骨に穴をあけたり、手術が必要になるため、どうしても治療期間が長くなります。
顎の骨が薄い場合、固定することができないのでこの方法を選択することはできません。
入れ歯には、歯が残っている場合とない場合があります。
ある場合は、残っている歯にひっかけるようにして作ります。
一方、すべての歯がない場合には、口の中に取付けられるように作ります。
まずは入れ歯の型を取り、その型にぴったりになるように作ってもらいます。
後はそれをはめ込みます。
しっかり固定するための素材を利用することもあります。
こちらを使えば、比較的硬いものでも食べることができます。

価格が高く保険がきかない

インプラント

インプラントは、本物の歯のような使い方ができる義歯です。しかし問題もあります。治療期間がかかる場合が多く、費用も掛かります。今の骨の状態によっては、治療そのものを受けることができない場合もあります。事前に相談しないといけません。

もっと読む

アクセスの良さが重要です

治療室

大人の歯科矯正には時間がかかることも多いからこそ、アクセスにこだわってクリニックを選択するのがオススメです。多くの人が集う新宿でなら、多数の実績を持つ腕のたつ医者と、アクセスの良さ、両方を兼ね備えたクリニックがきっと見つかることでしょう。

もっと読む

見た目だけではない利点

歯型

東京では見た目をきれいにするという歯の需要が他の都市よりも多いことから、矯正治療を行うクリニックも数多くあります。歯科医師の腕や治療にかかる費用などは、評判や相場などで事前に調べてからクリニックを選ぶことが大事です。

もっと読む